水野修平(Shuhei Mizuno) Piano Compose Arrange
1970年愛知県刈谷市生まれ。
中学時代よりジャズピアノを始める。大学入学後、ライブハウスを中心に演奏活動を開始。小濱安浩グループでデビュー。大坂昌彦&原朋直Quintet「ドーン・ブレイクス」のレコーディングに参加。その他、村田浩(Tp)、大森明(As)ら多数のミュージシャンと共演を重ねる。
BeBopを信条とするピアニスト。レコーディング回数は数知れず、宮間利之とNewHard等数々のオーケストラにアレンジを提供するなど新しい感覚を身につけた有能なコンポーザー・アレンジャーでもある。
2005年、ピアノソロアルバム「RAINBOW TOUCH」をリリース。
名古屋音楽大学非常勤講師、甲陽音楽学院講師。
 
島田 剛(Go Shimada) Bass
1973年東京都羽村市生まれ。
小学校よりエレクトーンを、中学・高校ではギター・ベース・ドラムを経験し、自然に音楽的基礎を学ぶ。高校3年のときジャズに興味を持ち、日本福祉大学入学と同時にジャズ研究会でウッドベースを始める。
在学中よりプロとしてのキャリアをスタート。多くのジャズミュージシャンと共演し、その腕を磨く。1997年、村田浩&ザ・バップバンドに参加。全国ツアー、レコーディングを経験。
現在は自己のバンドを始めとし数多くのセッションで活躍中。幅広い音楽観と安定した技術は多くのミュージシャンの信頼を得、そのイマジネーションあふれるエモーショナルな演奏は聴衆の心をつかんでいる。
近日初リーダーアルバム発売予定。
 
倉田大輔(Daisuke Kurata) Drums
1970年滋賀生まれ、愛知で育つ。
愛知大学ブルースターズ・ジャズ・オーケストラでドラムを始め、卒業後名古屋を中心に和田直(G)納谷嘉彦(P)小濱安浩(Ts)ケイコ・リー(Vo)水野修平(P)など様々なミュージシャンと共演。
1999年渡米。ジェイ・トーマス(Tp、Ts)グラディ・テイト(Vo)ベニー・ゴルソン(Ts)等と共演、ジャズのみならずSoul、R&B、ラテンなど様々な活動を行う。
2006年NYで録音した初リーダーアルバム “A Foreign Sky” 発表。
2007年帰国後、東京を拠点に、池田篤(As)、丸山繁雄(Vo)などのグループ、数多くのセッションで活動。2011年再び名古屋に拠点を移し、自己のジャズグループを率いての活動のほか、後進の指導も行っている。
 
Maya Hatch(マヤ・ハッチ) Vocal
1985年8月18日、アメリカ・ワシントン州・シアトル生まれ。
弱冠12歳にしてNHKのスタジオ収録に参加。13歳の時、TBS系列のオーディション番組「チャンスの殿堂!」に応募し、約14,000人の中から選び抜かれた4人のうちの ひとりとして6ヶ月間に渡り登場。国内外において数多くの賞を受賞。
2009年「マイ・フーリッシュ・ハート」でデビュー。2010年BSフジの人気番組「Beポンキッキ」に、歌のお姉さんとしてレギュラー出演。これを機会にニューヨークから東京に拠点を移す。
2011年ラックス・シャンプーのCM起用。そのCMソングが話題となり、ロングバージョン版「Grow Your Beauty」がEMIミュージック・ジャパンのコンピレーションアルバム「Jazz Now」に収録。2013年にはロン・カーターとの共演を果たし、現在はEXILE ATSUSHIのバックコーラスを務め、さまざまなジャンルを幅広くこなす本格的シンガーとして注目を集めている。