渡辺 勉(Tsutomu Watanabe) Trumpet FluegelHorn
1963年 岐阜県多治見市生まれ。
10歳にしてトランペットを手にし16歳でプロデビュー。 ダン池田とニューブリード、北野タダオとアロージャズオーケストラを経て、フリーとなる。シドニー公演などを経験し、現在はC.U.G.JazzOrchestraを中心に活躍中。 また、テレビ、ラジオやCMなどのレコーディングでも活躍中。 ダブルハイCを超えるハイノートをヒットさせる希有のハイノートヒッターである。
Jay Thomas(ジェイ・トーマス) Trumpet FluegelHorn
1949年アメリカ、シアトル生まれ。
トランペット、フリューゲルホーン、テナー・ソプラノサックス、フルートを完璧にこなす、世界に類を見ないマルチ管楽器プレイヤー。 「ダウンビート誌」より奨学金を得て、ボストンバークリー音楽大学に入学。フレディー・ハバードの指導者として著名な金管楽器の大家カーマイン・カルーソー氏に師事。 その後ニューヨークに進出しエルビン・ジョーンズソニー・スティット、ジミー・ギャリソン、チェット・ベイカー、 ズート・シムズ、チック・コリア、チャールス・マクファーソン、ビリー・ヒギンズ、ジェームス・ムーディ、ハーブ・エリス、 サル・ネスティコ、ジョージ・ケーブルス、アーネスティン・アンダーソン、ダイアン・シューア、アニタ・オディなど、華麗な共演歴を誇る。 過去の共演者の名前を挙げるだけで近代ジャズ史が語れてしまう、まさにジャズの生き字引。
レコーディング参加アルバム数は自己リーダー作を含め100枚近くにものぼり、西海岸のジャズシーンの中心的存在である。
バド・シャンク、テディ・エドワーズらと3管バンドを結成。西海岸のみならずヨーロッパでも活躍した。
日本には1986年、故松本英彦氏のゲストプレイヤーとして初来日し、1998年よりC.U.G. JazzOrchestraのメインソリストとしてたびたび来日。共演者の信頼と観衆の期待を100%裏切らないばかりか、その何倍もの暖かいものを残してくれる彼の音楽と気さくな人間性は、 アメリカやここ日本の多くの音楽家に尊敬され、愛されつづけている。
 
岡崎好朗(Yoshiro Okazaki)Trumpet FluegelHorn
1971年4月27日生まれ。東京都江東区出身。
12歳からトランペットを始め中学生のときに観た”ベニーグッドマン物語”に影響されジャズを聴き始める。17歳のときからジャズを演奏し始め、五十嵐一生、村田浩に師事する。
1990年の夏にBerklee In Japan セミナーに参加して奨学金を獲得して、1991年9月にボストンにあるBerklee College of Musicに留学する。1994年同校パフォーマンス科を卒業。
2003年8月21日に、自己のQuintet "OKAZAKI BROTHERS"(ts:岡崎正典・p:三木成能・b:上村信・ds:吉岡大輔) でデビューアルバム "HANK'S MOOD" をイーストワークスエンターテイメントより発売。
2005年5月よりNYに拠点を移し、同年12月にアーティストビザ取得。
渡米中は多くのジャズクラブ(Blue Note, Birdland, Dizzy's club coca-cola, Iridium, Sweet Rhythm, Kitano等)で演奏し、Mingus Bigband, Mingus Dynasty, Velery Ponomarev Bigband, 小曽根真No Name Horses等で活躍。
2008年9月NYから東京に拠点を戻し、ライブ、コンサート、レコーディングなどで活躍中。
広瀬未来(Miki Hirose)Trumpet FluegelHorn
1984年生まれ。甲南中学入学と同時にトランペットを始める。
トランペットを嶋本高之氏に師事。在学時には、[Jazz For Kids]において、渡辺貞夫と共演。
高校卒業後は関西のライブハウスを中心に、自己のグループなどで活動。2002年中山正治ジャズ大賞を受賞。同時に、なにわ芸術祭新人奨励賞受賞。
2003年10月渡米、ニューヨーク市内の数々のライブハウスに出演し自己のバンドやPrimordial Jazz Funktet, La Excelencia他、数々のビッグバンドに参加。 全米、ヨーロッパ、カナダのミュージックフェスティバルに出演する。
2010年自身初のリーダーアルバム、「A Day in New York」を、2013年セカンドアルバム「SCRATCH」それぞれをリリース。各方面から好評を受ける。2014年からは日本に拠点を移し、新たなプロジェクトを立ち上げ活動予定。
平手裕紀 (Yuki Hirate) Trumpet FluegelHorn
1994年愛知県生まれ。
幼少よりピアノに慣れ親しみ、小学生からトランペットを始める。
全日本吹奏楽コンクール全国大会常勝校である愛工大名電高校で3年間トランペットを務める。
現在、名古屋音楽大学に特待生として在学中。ジャズピアノを水野修平氏に、トランペットを藤島謙治氏に師事。
抜群のセンス、演奏技術で若手トランペッター、ピアニストとして群を抜く将来を担う逸材である。